(RAF SIMONS)と(FRED PERRY)のコラボコレクション「RAF SIMONS FRED PERRY」。今回は2013-14秋冬コレクションをご紹介。 今季は、異なる2つのカルチャー「Mod」と「Americana」からインスパイアされた。ハリントンジャケットなどのアイテムと、大きなワッペンをのせるアメリカーナのスタイルが絶妙にミックスされたコレクションとなっている。 注目のアイテムは、胸の「F」の文字がアメリカンスタイルを連想させるスタジアムジャケット。バックにはフレッドペリーの象徴である、ローレル(月桂樹)の大きなマークがあしらわれている。ボディとは異なる色味・素材感で、襟が切り替わっているシャツも特徴的。また、2013年春夏コラボコレクションにもラインナップされていた、襟が2枚仕立てになっているポロシャツも、秋冬らしい色調で再登場している。どのスタイルにもはまる鉄板アイテムへの襟やワッペンなどのデティールの工夫、色使いでの味付けは、さすがラフ・シモンズといったところ。 コラボコレクションに対してラフ・シモンズはこうコメントした。「お互いをリスペクトし、ブランドが持つ本質的な部分を集約させると同時に、それぞれの特性にフォーカスしながら、今までとは異なる新しい何かを一緒に生みだすチャレンジでもありました。お互いのスタイルと考え方を理解し合った貴重なコラボレーションとなりました。」今回が復活して2度目のコレクション。この先も、この魅力的なコラボレーションに注目していきたい。