プロデュース「パプリカ」の英語詞となる「Paprika」が、2019年12月2日(月)、ミュージックビデオ公開とともに全世界配信リリース。CDパッケージは、2020年1月22日(水)に発売される。Photo by Takako NoelPhoto by Takako Noel米津玄師プロデュース「パプリカ」とは「パプリカ」は、2020年とその先の未来に向かって頑張っているすべての人を応援するプロジェクトの一環として、米津玄師がプロデュースした曲。小学生5人ユニットの「フーリン(Foorin)」が歌う同曲は、2018年に発表して以来、「ダンスミュージックバージョン」のYouTubeでの再生回数は、1.5億再生を超え、関連動画は3億再生を突破。「第61回輝く!日本レコード大賞」にて大賞を受賞した。米津自身もセルフカバーするなど、2019年を代表する楽曲のひとつとして大きな話題を呼んだ。米津玄師により選ばれた「フーリン・チームイー」が歌う英語詞版まさに“パプリカ現象”を巻き起こしたこの曲を、今度は英語詞で発表。歌うのは、米津玄師により選ばれた、英語ネイティブの5人組こどもユニット「フーリン・チームイー(Foorin team E)」だ。彼らは、「フーリン」とともに「第70回紅白歌合戦」へも出場した。公開となったミュージックビデオは、フーリンの「パプリカ」同様、ワンカットで撮影されたダンスビデオ。富士山の麓で雄大なロケーションの中、元気いっぱいに歌い踊る表情豊かなメンバーの姿が印象的で、色彩豊かなミュージックビデオに仕上がっている。振り付けは引き続き、辻本知彦と菅原小春が担当した。2020年1月現在、英語版「Paprika」のミュージックビデオは600万回再生を超える。また、フーリン・チームイーが渋谷スクランブル交差点から出発し、富士山をバックに踊る映像に、世界五大陸フランス・ギリシャ・シンガポール・オーストラリア・南アフリカ・アメリカ・ブラジルなど全27カ国、29都市の子供たちが参加するワールドビデオも公開された。CDパッケージは2形態で登場米津玄師 パプリカ|写真4CDパッケージは「初回盤」と「通常盤」の2形態を用意。「初回盤」は7インチの紙ジャケットに、ポスターサイズの歌詞カード、ミュージックビデオが収録されたDVDが付属されるほか、折り紙も封入される。さらに特典として、“夢を描こうマグネット”が各応援店舗限定で展開される。

ジャケットは「フーリン」の「パプリカ」ジャケットおよび米津玄師「パプリカ」ミュージックビデオを描いた加藤隆が手掛けた。【詳細】
■Foorin team E「Paprika」
配信日:2019年12月2日(月)より順次配信開始
※配信状況は各サイトによってことなる場合あり。配信状況は12月2日(月)以降、各サイトを確認。
■Foorin team E シングル「Paprika」
発売日:2020年1月22日(水)
<商品形態>
初回生産限定盤:CD+DVD+折り紙 1,364円+税
通常盤:CDのみ 636円+税
<収録内容>
・CD(全形態共通)
1.Paprika
2. Paprika(Instrumental)
・DVD(「初回限定盤」のみに収録)
・「Paprika」 Dance Video他収録予定
購入者店舗特典
夢を描こうマグネット(team E ver.)