フィンランド生まれのシューズデザイナーJulia Lundsten(ジュリア ランドステン)が手掛ける、ロンドンを拠点として活動するシューズブランド「」。あのもFINSKのシューズを絶賛するほど。 そんなFINSKの2011年春夏コレクションは「Adagio(ゆるやかに・ゆっくりと)」をテーマに、バレエのレッスンからインスピレーションを受け、ゆっくりした動きの美しさを、シューズのやのレザーが足を包み込むデザインに表現した。 マノロブラニクも認めるFINSKのアヴァンギャルドでエレガントなシューズ - 画像1 マノロブラニクも認めるFINSKのアヴァンギャルドでエレガントなシューズ - 画像2 トーンはバレエスタジオで見られるような静かで控えめ。足首のベルト、アッパーの包みのディテールはとても柔らかく、ライニングを使わずに自然でオーガニックな感じに作り上げている。 ヒールに用いられた明るいイエローやを陰のような小さなディテールとして取り入れ、ダンサーの動きやパフォーマンスの準備としてとらえている。アッパーに用いられた静かなトーンのミントグリーンは、明るいイエローとコントラストをなす。そしてピンクは温かみのあるグレーと融和しているなど、カラーのバランスが巧妙。 マノロブラニクも認めるFINSKのアヴァンギャルドでエレガントなシューズ - 画像3 マノロブラニクも認めるFINSKのアヴァンギャルドでエレガントなシューズ - 画像7 また、しわ加工されたものやざらついた表面のレザーと、クリーンな印象の光沢があるレザーとのコンビネーションも秀逸で、 マットとシャイニー 、 ソフトとハード といった異なる表情を、流れるようなデザインにプラスすることで、一際目を引く印象に仕上げている。 トレードマークとも言えるFINSKのウッドウェッジヒールは、今回ウッドをダイナミックにカットし、ヒールのすわりの部分の下からはじまり、履き心地を残しながらもバランスと空間のイメージを作るべくシャープに変化した。 大胆なデザインを、落ち着いたカラーと絶妙な配色でエレガントに仕上がったFINSKのシューズは要チェック! 【問い合わせ先】
ショールーム セッション (SHOWROOM SESSION)
TEL : 03-5464-9975 マノロブラニクも認めるFINSKのアヴァンギャルドでエレガントなシューズ - 画像3マノロブラニクも認めるFINSKのアヴァンギャルドでエレガントなシューズ - 画像7