(MIYAO)が2015年春夏コレクションを発表した。今季、デザイナー宮尾史郎は自身の中に潜む不可解な要素を表現。ポケットが膨らんだような形や、四角い布が立体感を帯びている様子を取り入れたほか、クラシックかつな雰囲気も漂わせたを提案する。 今シーズン目を引くのは、構築的なシルエット。腕や袖に施された立体的なデザインが、不思議な形を生み出している。またパンツやスカートには、トラディショナルなマチ付きのワークポケットが、丸みを帯びたように膨らみを持ち、ミステリアスなシャドーを作り出した。その他、四角い布で作られたや、布を複雑に留めあわせたようなスカートなど、ボリューム感のあるシルエットも特徴だ。 また、きっちりとしたクラッシックなスタイルに、なエレメントが織り交ぜられた。例えば、古典的な唐草柄がプリントされたシャツは、どこか民族的な雰囲気を醸し出している。またブロックチェックのワンピースや、パステル調のスカートなどは、ゆったりとした心地良いシルエットで展開された。 パレットはホワイト、ブラックが基調だが、そこにイエローやピンクなどの淡いカラーを取り入れることで、軽快で柔らかい印象に。その他、裾にがかかったワンピースや、ワンピースのように見えるコートなど、アイコニックなエッセンスを随所に取り入れ、今シーズンもミヤオらしい遊び心を感じさせるコレクションを披露した。