フォーマル・メンズシューズブランド、「ザ ジェネリック マン」(The Generic Man)から派生したカジュアルシューズブランドの「」(GENERIC SURPLUS)が冬の新コレクションを発表した。「ジェネリック サープラス」は本拠地のロサンゼルスにて「日常的なシューズの進化」を趣旨に、2008年から「ザ ジェネリック マン」から展開したカジュアルシューズブランド。「ザ ジェネリック マン」の洗練された上質でシンプルなデザインのコンセプトを守りながらも、カジュアルシューズに必要な機能性と普遍性、そして進化しているロサンゼルスの音楽やファッションシーンの要素を取り入れている。 今季の「The Hillhurst Collection」では、親ブランドの趣のある古き良き上品さと、現代のLA音楽シーンの独自の解釈で取り入れたコレクションになっている。シックなデザインと日常的な普遍性も兼ね備える新作のラインアップ。今回のコレクションでは「ドム」(Dom)、「クライン」(Klien)、「レッジャー ロー」(Ledger Low)、「レッジャー ミッド」(Ledger Mid)に、「ダック ブート」(Duck Boot)の5つのモデルを発表。新モデルの豊富なカラーセレクションはもちろん、¥12,390~¥17,640なリーズナブルな価格で提供しているのも魅力的な新作になっている。 ■GENERIC SURPLUS 国内オフィシャルwebsite
URL : http://gnrc.jp/genericsurplus/