が2014年9月17日(水)、2015年春夏コレクションをミラノの「シェラトン ダイアナ マジェスティック ホテル」で発表した。スモーキーなで魅了した前シーズンから一転、今季のグッチウーマンはな魅力を持つ逞しい女性がイメージだ。クリーンにまとめたり、和柄で個性をアピールしたりとコロコロと表情を変える彼女のは、万華鏡のように移り変わっていく。 ホワイトのセットアップや、スエードので幕を開けたショー。直線的なラインとハリのある素材感は前回のコレクションから継続されているが、今季は煌びやかなムードを連れ立っている様子。そのキーとなる要素のひとつは、大きく丸い金ボタンが挙げられる。ピリリと身が引き締まるようにシャープなシルエットのワードローブに、いくつもあしらわれたマリンボタンは、装いに輝きをプラス。続いて登場するデニムのや、などにも用いられた。 ゴート、ラム、フォックスなど様々なファーによるベストやショートジャケットは、に着こなすのが気分のよう。なドレスにさらりとファーベストを羽織り、編込みベルトでウエストマーク。足元はがアクセントになったのシューズでスパイスの効いたコーディネートを完成させた。 力強いムードの中、程よく感じさせるフェミニニティは、所々に配したレースのディテールから。胸元を大胆にしたトップス、デニムやレザーのなどのバストや肩回り、そしてスカート部分に取り入れ、肌を覗かせる。張りのある素材の服に、女性らしい抜け感を作っているの特徴だ。 またグッチのバッグ「ジャッキー ソフト」は、ちょっぴりこなれた印象にバージョンアップ。、クロコダイル、スウェード素材を用いたバッグは、あえて地のストラップを採用し、どことなくラフな表情を見せていた。 なお、本コレクションのランウェイでは「Gucci Cosmetics」がデビュー。ダークカラーやゴールドで彩った目元、の口元で、な表情を演出した。