(MURRAL)2018年春夏コレクションが、2017年10月21日(土)に東京・渋谷ヒカリエにて発表された。ミューラル(MURRAL) 月光|写真32ベートーヴェンのピアノソナタ第14番「月光」からインスピレーションを得て、"SONATA"をテーマにしたコレクションを発表。「月光ソナタ」は、それまでの古典的なソナタの常識を覆したソナタとして知られており、また、ベートーヴェンが恋していたが叶わなかった女性へ捧げられた作品としても有名だ。ミューラル(MURRAL) 月光|写真1コレクションは、第1楽章から第3楽章までで構成されるソナタのように、色や素材などで変化をつけた3部構成となっている。はじめは、月下美人という花のをワンピースに総刺繍したルック。夜にだけしか咲かないという月下美人の持つ儚さを、ベートーヴェンの消えた恋に重ね合せる。チュールの上に刺繍を刺したりチュールのをあしらったり、女性を美しく引き立てるデコレーションが何層にも仕込まれている。ミューラル(MURRAL) 月光|写真22次に、まるで月の光のベールをまとったようなピースが登場。経糸と緯糸で色を変えた非常に薄い素材は、光の反射の具合でピンクから緑、青から黄色と、玉虫のように妖しく変化する。この幻想的な布地は、意外にもコートやスカートといったリアルピースの上に組み合わせられた。ミューラル(MURRAL) 月光|写真35最終章は色で遊んだルックが並んだ。青のブラウスにブラウンのスカート、イエローのトップスにグリーンのスカートなど、目の覚めるような色合わせをコーディネートによって作る。独特の光沢感を持つは、軽やかになびくシルエットにデザインされ、モデルが去った後まで余韻を残す。情熱的な“赤”のトップスに、月明りが照らす海辺をイメージしたという“青のスカートを組み合わせたラストルック。スカートの裾には馬の毛のテープが仕込んであり、より立体的な弧を描いて過ぎ去った。